”手頃な”レーザーマーカー Videojet 3210

レーザーマーカーについて品質を取るか、価格を取るかでお悩みではありませんか? 本ページでご紹介する製品をご使用いただけば、どちらも妥協する必要はありません。世界で30,000台のレーザーマーカーをご提供した実績のあるビデオジェット社から、低価格の産業用CO2レーザーマーカー Videojet 3210 を販売開始いたしました。本製品の特長や用途をご紹介いたします。

ビデオジェット社公式サイト 特設ページ
https://www.videojet.co.jp/jp/homepage/products/laser-marking-systems/videojet-3210-hub.html

特長

コンパクトなサイズ

Vidoejet 3210 はレーザー機能が一つの筐体に纏まっています。コンパクトなサイズであるため取り扱い易く、設置スペースが限られた環境でもご検討いただけます。

サイズ:648.3 mm (長さ)× 191.5 mm (高さ)× 160 mm (幅)
概算重量:19 Kg

お手頃な価格

本製品はビデオジェット社のレーザーマーカー製品の中でも低価格帯の製品です。これまでインクを用いるプリンタを使用されていたお客様や、印字機の導入を初めて検討されているお客様にもご検討いただきやすい価格帯となっております。詳しくは当社までお問合せください。

操作が簡単

本製品と併せて、制御用ソフトウェア『TCS+』をご提供いたします。このソフトウェアは弊社から販売しているタッチパネル、もしくはブラウザ機能が使えるPCやタブレット等のデバイスでお使いいただけます。印字内容の設定などが簡単に行える設計です。またVideojet 3210 は、PLCなど上位の制御システムから信号を受けて印字を実行することも可能です。

      
左:当社から販売のタッチパネル『TU430』  右:お手持ちのタブレットで使用する例

波長3種×レンズ3種×ビーム照射方向2方向

Videojet 3210にはさまざまなオプションがあります。どのオプションを選べばよいか判らない場合は、お気軽にお問合せください。ご用途に適したオプションを弊社からご提案いたします。

波長:9.3 µm、10.2 µm、10.6 µm (ご注文時にいずれか1種類を選択)
ビーム照射方向
:0度方向または90度方向(ご注文時にいずれか1方向を選択)
レンズ:焦点距離 100 / 150 / 200 mm (ご購入後に付け替え可能)

 

どんな用途に使える?

印字できる素材

本モデルはCO2レーザーマーカーであるため、次の素材にお使いいただけます。

  • プラスチック
  • 厚紙
  • 木材

印字できる内容

  • 英数字
  • 日本語 (漢字、ひらがな、カタカナ)
  • その他言語(詳しくはお問合せください)
  • バーコード
  • 二次元コード
  • 画像(ロゴマークなど)

レーザーマーカー全般のメリット

インク・メークアップ(インク薄め液)などの消耗品を使用しない

インクジェットプリンタで印字を行う場合、プリンタにインクやメークアップのカートリッジをセットします。これらの消耗品を交換し忘れると、プリンタがエラーで停止してしまいます。レーザーマーカーでは、このような消耗品に気を配る必要がありません。

印字が消えない

レーザーマーカーで対象物の表面をわずかに削って印字を施せば、摩擦や水分で印字が消えることは無く、半永久的に残ります。

ご利用にあたっての注意点

本製品はクラス4のレーザー製品です。ビーム保護カバーを使用してレーザー光が直接目や体に当たらないようにする必要があるほか、散乱した光にも曝露しないようにする必要があります。また、レーザーで印字を行った際に発生する煙や粉塵(削りかす)によって環境が汚染されないよう、集塵機を用いる必要があります。

動画

※音量にご注意ください